講師紹介|立川市ピアノ教室 セラ音楽教室(立川市上砂町)

講師紹介PROFILE

Selah音楽教室主宰

原嶋 ゆり

YURI HARASHIMA

【大切にしていること】

・対話をしながら子どもの自信と可能性を引き出す
・自分のイメージや考えを持ち、表現ができるように育てる

【プロフィール】

武蔵野高等学校ピアノ科、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻、卒業。
高校大学とピアノ専攻にも関わらず、大学を卒業する頃には点数を付けられる音楽が嫌になり、当時としては珍しい一般就職を決意。

途中専門学校で音楽療法を学び、障がい児の音楽療法に携わった期間があるも、通算15年一般企業に就業した経験が指導者としてのマインドの幅を広げること、そして300名を超す中高年初心者指導に大いに役立つこととなったのは間違いないでしょう。

幼稚園でヤマハグループレッスンを経た後ピアノを始めたのは小学校3年生という、とても遅いスタートの私でしたが、テキストの進みは早い子でした。なぜならば・・実は、姉が弾いていた曲を耳で覚えて弾いてしまっていたのです!いわゆる耳コピですね。後に譜読みで苦労したのは言うまでもありません!!

当時大好きだったリチャードクレイダーマンや、姉が弾いていたちょっと難しい曲ばかり楽しみ宿題の曲はそっちのけ(笑)そんな私がなぜ音楽の道に?ご興味のある方はブログの詳細プロフィールご覧ください。

2013年にピアノ指導に戻った時のこと。「何で毎回同じことを言っても練習しないんだろう?!」私は、生徒にそんなことを思っていたダメダメ先生でした。物に溢れている今の時代は一つのものに集中して取り組むに難しい環境で、ピアノもただ「練習しなさい」だけでは通用しないことを痛感!

ピアノを楽しみたいと思っている。ただそれだけかもしれないけれど、そこから育てられる事は計り知れない!問題解決力と探求心や行動力。これらは社会経験で培ったものかもしれませんが、そこから私の『ピアノを通して子ども達を育てる』という道が始まりました。

2020年は未曾有の事態で、判断や決断を迫られることが度々訪れました。発表会をリアルから動画へ転換したことや緊急事態宣言が出される前からオンラインレッスンの導入など、決断の度に大きな混乱も不満の声も出ることなくスムーズに運べたのは、全て生徒さんや保護者の方たちのご理解とご協力があったからこそ。

教室のコンセプトや指導方針にいつも賛同し支援して下さる皆さまに感謝し、これからも生徒さんや保護者の方々、また地域に益々愛される音楽教室となれるように。また、大人になった子ども達が後で振り返った時に、楽しい思い出が沢山詰まった教室となれるように、私も一緒に楽しんでいきたいと思います。

講師

小坂 紘未

HIROMI OSAKA

【大切にしていること】

新しい曲に向き合える「挑戦」出来る子へ。
何事にも貪欲で、物怖じしない行動力を身につけられる教育を心がけています。

【プロフィール】

桐朋学園大学卒業後、桐朋学園大学院大学 修士課程 修了。
ブルクハルト国際音楽コンクール第3位、第5回横浜国際音楽コンクール、第14回日本演奏家コンクール、第4回東京ピアノコンクールなどのコンクールにて上位入賞。これまでに桐朋学園アカデミー・オーケストラ、東京交響楽団と共演。

私は幼少期からピアノを習い、自然と音楽表現する上で個性の大切さを学び、人と同じでないことが当然であると認識して過ごしていました。
しかし、小学校高学年くらいになると、学校での生活において個性が強いことで白い目で見られるようになり、そのギャップに戸惑います。
高校、大学、大学院と音大で過ごし、社会人になった今思うことは「人と同じでなくて良かった」ということ。社会人になると逆で、人の目に留まらないことの方が問題だったのです。

ピアノを習う、ということは単純にピアノだけが弾けるようになるわけではありません。
個性は勿論、自主性、集中力、感情、その人の内側を豊かにしてくれることです。
本番を乗り越えたその先には、自分に対する「自信」が身につきます。

これまで自身が得た経験を出来るだけ沢山の生徒さんに伝えていきたい。
そんな思いで一人ひとりと丁寧に向き合い、精一杯レッスンをしていきたいです。

お問い合わせ・お申し込み